ハーレー初心者でも必ずできる!スポーツスターのタンクの取り外し方【フォーティエイト・XL1200X】

スポーツスターのタンクの取り外し方

こんにちはジョージです!フォーティエイトのタンクを自家塗装したいと思い立ち、さっそくいろいろと調べて実践してみました。

塗装するにはタンクを取り外さないといけません。僕のフォーティーエイトは2013年式ですが、インジェクションモデルのスポーツスターならほぼ一緒だと思いますので是非参考にしてください。

ジョージ
Youtubeに動画で紹介しているので、ぜひご覧ください!

スポーツスター(フォーティーエイト)のタンクの取り外し

ではさっそく始めていきます!

まずはガソリンを抜く(必要ならば)

タンクからガソリンを抜く

僕はタンクの塗装を目的としているので、ガソリンを抜きます。厳密に言えば、ガソリンがタンクに入っている状態でも塗装はできます。しかし途中でガソリンがこぼれるのも面倒なので、先に抜いちゃいます。

ジョージ
初めてタンクを取り外したので不安でしたが、タンクを外してもガソリンはジャーっと漏れることはありません!そこが不安だったんですが、良くできていますね!
灯油のしゅぽしゅぽポンプで抜く

僕の場合、ガソリンは携行缶に灯油ポンプ(シュポシュポするやつ)で移しました。もともとタンク容量が小さいので5Lの携行缶で楽勝でした。

タンクの角にガソリンが溜まりやすいのでポンプを動かして丁寧に除去します。(少し残ってても問題ないです)

ガソリンをペットボトルや適当な容器にいれて、もしもの事があったら大変なのでちゃんと携行缶で保管しましょう。

スポーツスターのシート下のボルトを外す

スポーツスターのシート下のボルト

これは簡単。インチ工具を使ってちゃちゃっと外します。

created by Rinker
プロツールズ(Protools)
¥7,236 (2021/05/13 06:14:33時点 Amazon調べ-詳細)

タンク下の燃料ポンプのコネクタを取り外す

フォーティーエイトの燃料ポンプのコネクタ

初心者にはここからが不安。僕も苦手な配線作業です。

燃料ポンプのコネクタを取り外します。タンクには、ガソリンをエンジンに送るポンプが内蔵されていて(タンクを外すと分かります)、そのポンプのコネクタです。

ジョージ
タンクの中にガソリン以外が入っていると思わなかった。まさか機械が入っていたとは。
タンク下の配線を外す

タンク下から出ているカラフルな配線をたどっていくと、バッテリーカバーの中へとつながっています。カバーを開けてコネクターをカチッと抜くだけ。コネクタのツメを押し外すだけ、簡単です。

XL1200Xのマフラー取り外し方法

ハーレー初心者必見!スポーツスターの純正マフラーの取り外し方法【フォーティーエイト・XL1200X】

2020年9月6日

タンク下のガソリンホースを外す

今度はスポーツスターのタンク下のガソリンを取り外します。これは実際にガソリンを送っているホースですね。

ジョージ
ホースを引っこ抜くとガソリンが少ーーし漏れることがあるのでタオルを敷くと汚れません

シルバーの部分を上にあげつつ、

黒いホースを下にひきます。

少し硬いこともありますが、壊さないように引っこ抜いちゃいましょう。

ベントラインを引っこ抜く

スポーツスターのベントラインを抜く

最後のホース、ベントラインを引っこ抜きます。ベントラインとは、気温などの影響でタンク内の気圧を調整するためのホースです。ようは気圧抜きです。

写真だと分かりづらいですが(動画観てね)、L字になっている黒いホースです。これは引っ張り抜くだけです。

スポーツスターにUSB電源取り付け

スレンダーUSB電源をスポーツスターのヒューズボックスに取付ける方法【XL1200X】

2020年4月26日

最後に車体前方のタンクのボルト2つをとる

スポーツスタータンク取り外し

僕のフォーティーエイトはタンクのリフトアップをしているので、ノーマルとはボルトの位置が少し違いますが、左右2つのボルトを抜いて終わりです。

ジョージ
2つ目のボルトを抜くと、タンクを固定しているものがなくなり落ちてしまうことがあるので注意!

ハーレースポーツスターのタンクの取り外し成功!

完成!なれると5分くらいで取り外せます(ガソリン抜きを除く)!

ついでに燃料ポンプも取り外します!

タンクの裏の燃料ポンプの取り外し

スポーツスターの燃料ポンプの取り外し

ついでに燃料ポンプの取り外しも。これ、めっっっっちゃ苦戦しました!作業自体は簡単ですが、知恵の輪のようになっていて時間がかかります。

燃料ポンプの取り外し方

この5つのネジを「T25」サイズのトルクスで外して引き抜きだけです。

燃料ポンプがタンクの穴とジャストフィット過ぎて、ミリ単位の調整をして抜ける角度を探します。これが大変で…。

コツをつかむか、運よく外せる場所を見つけないと抜けません。頑張ってください。

ジョージ
僕は初めてで20分かかりました。

こっちも読んでね!

ハーレー スポーツスターの純正マフラーの取り外し方法

K&N メンテナンスキットでスポーツスターのエアクリをクリーニング

スポーツスターのエンジンオイルとオイルフィルターの交換方法

2 件のコメント

  • こんにちはジョージです。

    お世話になります。
    はじめましてririと申します。

    大変参考になります。私のハーレーは XL1200CB 2015年です。

    革製のタンクカバーを作るためにタンク取り外しを考えてます。レザーショップで相談しましたがタンクを持ち込んでほしいとの事でした。ちなみにレザーショップのオーナーも以前はハーレー乗りでした。

    キャメルブラウンあたりのレザーで作りたいのですね
    なぜかハーレーを買ったお店ではタンクの取り外しはかなり消極的です。親切なお見せなんですがなぜだろう。

    私のハーレーは17リッター超のデカイタンクで苦戦しそうです。うまく外せるか、再度取り外しをお店に依頼するか思案中です。

    ウラルってバイクご存知ですか。私は惚れました。

    参考になります。

    現在、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。