【スノーブーツ】ワークマン「ケベック」とノースフェイス「ヌプシブーティ」を比較してみた【購入レビュー】

スポンサードリンク



ここ数年、コスパの良さと品質の高さから大ヒットしている、ワークマンの様々なアイテム。そんなワークマンの「ケベック」という超人気のスノーブーツをご存じでしょうか?

一方、定番のアウトドアブランドTHE NORTH FACEのスノーブーツ「ヌプシ」。このノースフェイスの雪靴も、毎年冬になると手に入りづらくなるほどの人気アイテムです。

そんな二つのスノーブーツを購入したので徹底レビューしてみようと思います。

ジョージ
この他にもたくさんのスノーブーツを紹介しているので、チェックしてみてください!

▼Youtubeでもこのブーツを紹介しています!

ワークマン「ケベック」 VS ザノースフェイス「ヌプシ ブーティーⅥ」

THE NORTH FACEのヌプシブーティーは何種類もシリーズがありますが、ここでは定番のスノーブーツ「ヌプシブーティーⅥ」で比較していきます。

スペック比較

ワークマンはノースフェイスのパクり?
ケベックヌプシ ブーティーⅥ
価格¥1,900¥17,600
サイズSS~4L23.0cm~29.0cm
重さ片足220g(Sサイズ)片足320g(23.0cm)
撥水加工ありあり

目立った個所を赤文字で強調してみました。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥14,081 (2021/04/14 07:21:41時点 Amazon調べ-詳細)

価格だけ見るとワークマンがザノースフェイスより優れている

ケベックは1900円。激安!

17,600円するノースフェイスのブーツと比べると、1,900円と圧倒的すぎるコスパの良さのケベック。いったいどうやって利益を出しているんだろうという安さ。いや、安すぎるでしょ。

ネットのレビューなどを読むと「ケベックは耐久性が…」という書き込みを見かけるが、この値段で文句を言っていけない。毎年買い替えてもヌプシブーティー1足の値段に到達するのに9年かかる。ヌプシブーティーが9年も持つとは思えないので、価格だけ言ったらワークマンの完全勝利ではないでしょうか。

サイズはワークマンは複雑、ノースフェイスは1サイズ上を。

通常ノースフェイスは米サイズ(8とか9とか)ですが、Amazonでは「cm」表記になっていて、0.5cm刻みではなく1cm刻みのサイズ展開。

一方ワークマンのブーツはS・Mなどのサイズ表記で分かりづらい。以下ワークマン ケベックのサイズ。

サイズ表記の目安
SSサイズ22.5~23.0cm
Sサイズ23.5~24.0cm
Mサイズ24.5~25.0cm
Lサイズ25.5~26.0cm
LLサイズ26.5~27.0cm
3Lサイズ27.5~28.0cm
4Lサイズ28.5~29.0cm

両方のブーツを履いている妻の靴サイズは23.5cmだが、ヌプシブーティーは24.0cm、ケベックはSサイズで丁度いいみたい。ただワークマンのケベックは本物のダウンではなくポリエステルのわたなので履いているうちに潰れて緩くなってくるそうです。

ワークマン公式サイト

重さでも勝利してしまうケベック

ケベックはヌプシブーティーより軽い

片足で100gも差があるって、言い訳ができないくらいケベックが優れている。最初、ヌプシブーティーを履いた時はあまりの軽さに驚いたが、後に買ったケベックを履いたら、もっとびっくり。

軽い。

詳しくは分からないが、重いソール部分をノースフェイスの方が良いゴムを使っているのではないか?そう信じたい。

デザインはそっくりなケベックとヌプシブーティー

ワークマンはノースフェイスのパクり?

デザイン、つまり見た目は何とも言えないくらいそっくり。表面のステッチ(縫い目)の位置までそっくりで、ワークマンがパクっている参考にしているのは明らかです。

きっとノースフェイスには優秀なデザイナーさんがいるから価格は高くなるんだろうけど、ワークマンはそれを敢えてやらないから低価格が実現できるんだろう。

ジョージ
ワークマンの他のブーツを見ても、LLbeenのブーツっぽいものあるし、まあそういうことでしょう。

本物が好きならノースフェイスを。コスパを優先するならワークマン。

雪の上で滑らないのはヌプシブーティーⅥ

そっくりな見た目だけど、大きく違うのは足裏の滑り止め。雪国暮らしの僕たちには、とても大事なポイントです。

ヌプシブーティーの足裏

ヌプシブーティーのソール裏は滑りにくい

三角形の滑り止めが沢山付いていて、スパイクのようにグッと止まります。THE NORTH FACEオリジナルの「ビブラム(R)アイストレック」というみたいです。

created by Rinker
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥14,081 (2021/04/14 07:21:41時点 Amazon調べ-詳細)

ケベックの足裏

ケベックのソール裏

赤いギザギザ部分が、スパイクのようになっている。

実際に妻に雪の上で履いてもらったところ、ヌプシの方が滑らないとのことです。

暖かいのは圧倒的にヌプシブーティー

ヌプシブーティーはとても暖かい

そりゃそうです。ダウンと言ったらTHE NORTH FACEと言われるくらい、ノースフェイスのダウンは暖かい。ここでワークマンに負けていたら本格アウトドアブランドの名が廃ってしまいます。

ケベックの方がソールが薄い感じがして、雪の上では冷気がじわじわと伝わってきます。

正確な指標はありませんが、断言できます。ヌプシブーティーの方が暖かい。

まとめ

2つのブーツを比較してきましたが、どちらも素晴らしいブーツで勝ち負けは付けられません。ヌプシブーティーはTHE NORCE FACEのブーツということもあってオシャレでかわいい。一方ケベックはコスパがいいのでガンガン履いて、履きつぶしてもOK。

見た目は似ているけど、履き方が違うかな?といった感想です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。