オートバイの聖地、北海道のバイク事情。【北海道移住日記#6】

北海道移住日記

スポンサードリンク



僕はオートバイが大好きです。

子供の頃に仮面ライダーやターミネーター2を観て、
大人になったらバイクに乗るんだ!なんて思っていました。

しかし今年の春、北海道に移住することになった僕は当然のように

北海道じゃ雪が多いからバイクは乗れないな。

と考えているわけです。

全然違いました。ライダーにとって北海道は最高です。

完全に知識不足。調べれば調べるほど素晴らしい。

そりゃ、年間の半分は冬みたいなもんだし、雪あるとバイクは危ないし、マイナスな面も沢山あります。

では一体全体なにが素晴らしいのかと。

日本一長い直線道路 国道12号

国道12号 詳しくはこちらをどうぞ

日本一長い道路ではなく、日本一長い直線道路です!もう、本当に一直線。

こりゃ環七走って気持ち良い!なんて言ってる場合じゃないでしょ。
なんと直線距離は最大29.2km!

1886年に囚人たちの手で90日間の間で作られたそうです。
そのさいに、「なるべく直線に作れ」との命令が、現在の直線道路の土台になったそうです。
僕の引っ越す予定のすぐ近くの地域です。(早く夏になれ)

景観日本一の『天につづく道』

知床斜里 国道334・244号線

有名ですよね!名前は知らなくても、この写真を見たことある人は多いはず。
どうやら、坂道を登りきると突然この景色が現れるらしい。

景観日本一の道路って肩書きは大げさじゃないですな。美しい。

バイク乗りのあこがれ「ライダーハウス」

ライダーハウスとは、オートバイや自転車などでの旅行者を主な対象にする比較的簡易な宿泊施設全般を指し、運営形態などに明確な定義はない。

つまりライダー用のゲストハウスみたいなもんです。
僕はこのライダーハウスに憧れている!だってすごいですよ?

ライダーハウスが北海道には沢山あって、利益を考えてないで営業しているお店が沢山あります。

だって無料のライダーハウスもあるもん。(あとで紹介します)

ライダーハウスの魅力は、

安い代わりに、雑魚寝、自炊、相部屋なんて当たり前ですが、宿泊者全員がバイク好き。夜は焚き火をしながら、バイクの話で盛り上がる。

そう、まさに男のロマン。(行ったことないけどね)

未経験者が選ぶ参考にならない おすすめライダーハウス

ライダーハウス一膳飯屋 眉倶楽部(利尻島)

食事を食べれば宿泊費無料の幻のライダーハウスらしい。
食事がめちゃくちゃ美味いらしい。(食べたことないけど)

眉倶楽部/ウェブリブログ

 みどり湯(稚内)

ちょう綺麗!女性用の部屋もあり。無線LAN完備、大浴場あり・・・
ホテルじゃん!宿泊費は千円ですって。

稚内のライダーハウスみどり湯へようこそ!

ライダーハウスあっけし(道東)

ライダーハウスあっけし ライダーハウスあっけし

無料ですって!シャワー完備、五右衛門風呂あり!
こういうのを求めているんですよ。五右衛門風呂。経験したい。

ライダーハウスやまだ(道央)

BiNDweb

宿泊料金は今回紹介した中で一番高く、1200円かかるが(激安だけど)
見た目が一番好き。行きたい。

ちなみに冬でもバイクに乗っている人がいます。

いや、僕はさすがに無理。東京で雪の日に1回転んだことありますし。怖くて無理。
でもいるんですね、やっぱ雪と共存しているんだ。

郵便屋さんや、ヤクルトの配達の人は以前見かけました。

雪が降ってるってレベルじゃなですよ?すごく積もっている道ですから。
後輪にチェーンはめて走るんですって。

まぁ仕事の人は仕方ないけど、好きで走っている人も多くて。やばいよね。

バイクのレンタルも便利

新千歳空港店 取扱車両一覧|レンタルバイクに乗るならレンタル819

各バイクメーカーやレンタル専門業者のお店が、新千歳空港の中にあるので
旅行でも気軽にツーリングを楽しめます。

夏季限定ですが、1万円前後の中型から大型バイクまであります!

これいいですねー!僕は東京で乗っているバイクは売却するので、とりあえず今年の夏はレンタルして『天に続く道』でも行こうかなー。

まとめ

そもそも移住が急に決まったことで、お金を節約しなきゃいけないので、すぐに新しいバイクを買うことはできません。

でも、東京での生活とは違い、たくさん趣味を持つことができる環境なので、
ぜっっっっったい買います。ハーレー。

ちなみに僕のバイク歴は

  1. 原付(2台)
  2. TW200
  3. SR400
  4. CB400SS
  5. フージョン
  6. アドV(3台)

次は絶対スポーツスター。

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ東京育ち。フレンチのコックからIT業界に飛び込み、アプリ制作会社を友人と経営してたけど、結婚して会社を抜けて北海道に移住。現在は北海道でサラリーマンをやりながら、野望に向かって切磋琢磨。