物件探しが超難関だった【北海道移住日記#2】

北海道移住日記

スポンサードリンク



こんにちはOHAMAstyleの夫のジョージです。

前回の記事で北海道の移住についてお話ししましたが、今回は引っ越し先の家について書いていきます!

 東京都と北海道砂川市の違い

強いこだわりがない限り、東京なら夫婦が2人で住む家は1日で簡単に条件通りの家が見つかると思います。

  • 家賃10万円以内
  • 風呂トイレ別
  • 2DK以上
  • 駅徒歩10分以内

こんな物件溢れていますからね。選択肢が多いってことは、同じ必須条件の中から好みの家を選べるわけじゃない。現状は東京で3LDKの駅近マンションで生活しているのですが、北海道に移住したら収入が下がる予定なので、やっぱり安ければ安いほうがいい!「よーし、見れるだけ物件見て、一番条件に合う家を探してやる!」と意気込んでいました。

でも僕の移住先“砂川市”はそうは行かないんです…

さっきと同じ条件の家が

6件!!

正確には同じアパートの同じ間取りの部屋があるので数は増えるんだけど。なめていた。正直なめていた。田舎とはいえ、そこそこ家建ってるし、実際に現地に行くと空き家だらけだし、家には困らないなって。

ない。アパート、マンションが少ない。でも一軒家はムリ。まずはアパート。

これはですね、ちゃんと分かっているんですよ。

「雪なめんな」ってこと。

移住していきなり一軒家に住んで雪下ろしや雪かきで困るのが目に見えているからね。だから絶対にアパートに住みたい。

家賃はなるべく安いところ

砂川市の家賃相場:2LDK6万円

安い!!!と見せかけて高い!

「え?安いし」って思うじゃん?

札幌市の家賃相場:2LDK6.3万円

なんでか知らないけど札幌とあまり変わらない。不思議。他の市はビックリするくらい安いんだけど。

「細かいこと気にするなよ、どっちにしろ安いじゃん」って思うじゃん?

違うんですよ。

車の維持費がかかる

都内で暮らしていて電車通勤の僕には車が必要ないんだけど、
さすがに北海道じゃ車は必須だから、車の維持費が新たにかかるんですよ。

あと光熱費

これも多分めちゃくちゃ上がる。プロパンだし。まあ光熱費に関しては実際暮らしてみないと分からないけど多分上がるよね。

北海道で2人暮らしの水光熱費を計算してみたら予想以上だった…

2017.11.08

そして収入

これももちろん下がります。ちーーん。

結局「住む」だけにかかるお金は10万近くかかるんだよね。

平均月収が手取りで13万なのに。どうやってみんな暮らしてるんだろ。まじで。みんな他に収入源があるのかね。

つまり収入が下がって、生活費はあんまり変わらないだとむしろ高くなるってことだよね。仕方ないよね、うん(自分に言い聞かす)。

まあね、すごーーく考えて考えて、

「雪かき頑張ってボロボロの一軒家に住んじゃおうか」とか思ったけど、やっぱり6万前後の綺麗なアパートにすることにしました。

不動産屋に連絡

すでに現地にいる妻に不動産屋とコンタクトを取ってもらっています。

市に1つだけある不動産屋さん。(すごいよね1つだぜ?)

そして今月末、僕が冬休みに入ったら正月は北海道で過ごすのですが、そこでもう不動産屋と契約することになりました。(はや!)

市に1つの不動産屋さんは言いました。

「年末に市役所の春の人事移動の内示がでるから、年明けには物件埋まっちゃうよ!あと仮契約はできないからね♪借りたければ急がないと!」

てきな。

これが本当のことなのか、そういう営業方法なのか知らないけどそれが本当かどうか調べることもできないので

契約します。

なんで仮契約ができないのかはスルーして

契約します。

ま、一件しかない不動産屋だから、悪徳ってことはないし。悪徳不動産だったら田舎だから噂が広まってるだろうしね!

まとめ

せっかくの移住、人生でそう味わえることじゃないんだからもっと楽しもう!飛び込もう!とは思っているんだけど毎月必ず出て行くお金の部分なので、とても慎重になりすぎました。

3年頑張ってお金貯めて、家を建てたい。もしくはリノベーション。

おしまい

やることリスト

  1. 移住する日 解決
  2. 家探し 解決
  3. クルマ探し
  4. 引っ越し屋選び
  5. 新しい仕事
  6. 今の家の運用(現在持ち家)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ東京育ち。フレンチのコックからIT業界に飛び込み、アプリ制作会社を友人と経営してたけど、結婚して会社を抜けて北海道に移住。現在は北海道でサラリーマンをやりながら、野望に向かって切磋琢磨。