水素爆弾の威力は"原爆"の3000倍!? 怖すぎ、やめてくれ

スポンサードリンク



今朝(1月6日)のニュース観ました?

北朝鮮が水爆実験に成功と発表、日韓政府は強く非難 | Reuters

もうさ、完全に戦争始まっちゃうかと思ったよ、僕は。

そして怖いのでとりあえず水素爆弾とは何か調べてみました。

水素爆弾とは

水爆と略称される。熱核反応によって放出されるエネルギーを使う爆弾。リチウムと重水素の化合物をつくり,これで原子爆弾を包んでおく。原子爆弾によって生じる高温で熱核反応を連鎖的に行わせ,巨大な爆発のエネルギーを得る。水素爆弾(すいそばくだん)とは – コトバンク

ですって。難しいね。

分かりやすく言うと、(間違ってたらごめん)

水素って爆発するじゃないですか?学校の理科で実験しましたよね?水素に火をつけるやつ。
それの”火”の代わりに核を使って、ドカンとするらしい。

原爆との違い

原爆は核分裂。水爆は核融合

核分裂も核融合も映画とかで聞いたことある言葉ですよね。

核分裂とは(原爆)

もともと1つの核原子が2つ以上の原子に別れること(たぶん)。
その別れるときに莫大なエネルギーが発生するんだって。
世の中の原子力発電所はこの力を使っています。

水素爆弾

核融合とは(水爆)

原爆の核分裂とは反対に、水素がくっつく時に発生する力。
分かりやすい例では『太陽』です。

核融合

太陽は無限に水素の核融合を連鎖しているから、膨大なエネルギーを発しています。

てことは、水爆は手作りの太陽…

水素爆弾の核融合を発生させるためには1億度の温度が必要。
1億度の温度を作るのに必要なのは、、そう原爆

つまり核分裂(原爆)の力を使って、核融合を発生させるものが水素爆弾。

水素爆弾のパワー

歴史上最大の水爆は旧ソビエトの「ツァーリ・ボンバ」。

広島に落ちた原爆の3000倍!!!!!

まじで何作ってるんだよ・・勘弁してくれ。

55年前に開発されて、実験したんだって。そしたら爆発の衝撃波が地球を3週したって。
もういいよ、そんなの自慢しちゃダメ。どっちが喧嘩強いかで盛り上がるのは10代まで。尾崎 豊も言ってたから。卒業しようよ。

で、水爆と原爆はどっちが強いの?

水爆だそうです(断言)。

圧倒的に水爆。むしろこの世で一番威力のある爆弾は『水素爆弾』。

まとめ

そんな恐ろしい爆弾を、サプライズで実験した北朝鮮。

北朝鮮の人が怖いのではなく、北朝鮮という国が怖い。なんだかテロリストと同じ怖さを感じます。大抵、戦争というのは「戦争始めます」って宣言してから始めるもんだけど、彼らはいきなり始めそう。

こんな社会的な記事はブログで書くつもりじゃなかったけれど、職場で質問しても誰も答えられなかったので、最低限知っておいた方がいいのかな?って思ったので記事にしました。

不快になった方がいましたら、申し訳ございません。

「科学者の人!!爆弾作るんなら、爆弾に耐えられるバリアも早く作ってくれ!」

おしまい

www.youtube.com

爆弾こわい/在日ファンク

まさに和製ジェームスブラウン。一時期かなりハマりました。コミックバンドと思いきや、ちゃんとカッコいい。パクリと思いきや、オリジナル。久々に聴きました。

1 個のコメント

  • 水爆も原爆も爆発が起こるというのとはちょっと違うと思います、一瞬で発生する高熱で周囲の空気が一瞬で膨張し、衝撃波が発生するというイメージでしょう

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    東京生まれ東京育ち。フレンチのコックからIT業界に飛び込み、アプリ制作会社を友人と経営してたけど、結婚して会社を抜けて北海道に移住。現在は北海道でサラリーマンをやりながら、野望に向かって切磋琢磨。